記事の詳細

同じ日本人とは言っても肌の色は微妙に異なってきますよね。また、ある部分の肌の色が他の部位と比べて濃い人もいると思います。そういった色素が濃い部分の脱毛はどうするのがベストなのでしょうか。

少しの色素の濃さだったらレーザー脱毛及び光脱毛で対処できる場合がほとんどです。脱毛したい人は日焼けをしないようにしなければならないと言われていますが、今ではさほどひどくない日焼けであれば問題なく脱毛することができる波長を持ったレーザー脱毛マシンも登場していますし、フラッシュ脱毛はレーザーよりもエネルギーが弱いと言われているので、やはりちょっと色素が濃い程度なら問題はないでしょう。

難しくなるのはアザや濃いシミなどの色素が濃い部分の脱毛。レーザーは黒い色目がけて照射されますからあまりにも色素が周りと比べて濃くなっているとそこにレーザーが照射されてしまい効率の良い脱毛ができない可能性がありますし、そこに毛がなければ火傷に繋がることも懸念されますよね。

では色素が濃い部分の脱毛は不可能なのでしょうか。そんなことはありません。レーザーやフラッシュ脱毛が主流となる今、忘れられた存在になりつつありますが、電気針脱毛を行っている医療機関もまだまだ存在しています。この電気針脱毛はまさに色素が濃い部分の脱毛にピッタリであり、肌の色には何も影響されずにムダ毛の処理を行うことが可能です。色素が濃い部分の脱毛を望んでいる女性は電気針脱毛を検討してみましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る