記事の詳細

レーザー脱毛で使用されるレーザーはしみ・肝斑に照射できるかどうかはしみや肝斑を抱えている女性にとっては大きな悩みとなり、是非知っておきたい問題ですよね。肝斑は特に面積が大きく顔の印象を非常に悪くしてしまいますから、できるだけ早く、そして適切な治療を行った方がいいでしょう。ここで気をつけたいのがしみと肝斑は似たようなものですが、しかし治療法が異なるという点。

しみで使用可能なレーザーと肝斑で有効に働くレーザーとは種類が異なると言われているのです。これを熟知していないクリニックでレーザー治療、もしくはレーザー脱毛を受けてしまうと症状が悪化し、改善どころかどんどんその濃さや面積が広がってしまうことも考えられます。つまりレーザー脱毛のレーザーがしみ・肝斑に照射できるかという疑問に関しては「NO」と言えます。

小さいしみであれば話は別ですが、大きなしみや肝斑に関してはそれ専用のレーザーを当てる必要が出てきます。もし顔のレーザー脱毛をしようと思っているのであれば、しみや肝斑には最大限の配慮を行い施術を受けるようにしてください。ちゃんとしたクリニックであれば事前に説明があると思います。もし不安であればそこのレーザーが「しみ・肝斑に照射できるかどうか」を問い合わせてみましょう。

しみと肝斑はできれば一緒に治療してしまった方がいいかもしれませんね。今では肝斑専用のレーザー治療も出てきていますから、それを利用しつつ薬を併用することでかなり症状は改善されるでしょう。そういった心配も踏まえて、しみや肝斑が気になる方は美容皮膚科などのしみ・肝斑治療を行ってるクリニックでレーザー脱毛をすることをおすすめします。

関連記事

ページ上部へ戻る