記事の詳細

脱毛をするというのは、とてもメリットが大きいものです。毛の自己処理をしなくてもよい、それによる手間、コストを長期的に削減できる、そして自己処理によるダメージがなくなる、こういったメリットを受けることができます。

ただし、脱毛によってデメリットを受けることもあります。デメリット部分が出てしまうという人は、とても少ないようですが、代表的なデメリットの例として汗が増えてしまうというものです。ただ、厳密にはこの汗が増えるというのは、医学的な根拠はないものです。

汗腺は毛穴とは繋がっていませんので、レーザー脱毛などで脱毛を受けても、汗腺にはその影響を受けません。ではどうして脱毛後汗が増えたというふうに感じている人が、少なからずいるのでしょうか?それは、「明確に汗の存在を感じるようになった」ということだと思います。

いままではわき毛が少なからず生えていることから、脇汗の感触をダイレクトに感じることは少なかったかと思います。しかしそれが脱毛後は毛の量がどんどん少なくなり、最終的には毛が生えて来ない状態になります。わき毛がないツルツルの状態になってしまうと、汗をかいたらすぐに湿った感じが伝わってきますし、大量に汗をかくとその汗がつたう感じまで感じてしまうようになります。

そのため、汗が増えたというふうに感じてしまうのかもしれません。そういう人は、実際に汗が増えたわけではありません。どうしても気になる場合は、制汗スプレー等のわき汗対策を行うようにしましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る