記事の詳細

脱毛ワックス、最近また流行をしてきているようですね。昔と違って、最近は脱毛ワックスを手作りする方も増えています。

脱毛ワックスを手作りするというのは、砂糖、水、レモン汁があれば簡単にできます。砂糖を用意して、それが浸るぐらいの水を用意し、溶けたあとにレモン汁を入れて、練りあげていきます。ねっとりとした状態になり、かつ身体に貼っても大丈夫な状態になれば脱毛ワックスの完成です。

その脱毛ワックスを、脱毛したい場所へ貼り、その後一気に剥がすと脱毛できるのです。ただ、実際にやってみると意外に難しいことがわかります。適切な硬さにするのがむずかしい、塗るのがむずかしい、剥がすときに結構痛くて怖気づいてしまう、といったことがあります。

そのため、最初は手間が少ない市販のワックスなどで試してみるのもおすすめです。脱毛ワックスの良い点は、痛みが伴うという点をのぞいては、デリケートな部分のケアも可能です。カミソリなどと違い直接的な危険性も少ないですし、お肌へのダメージも少ないと言えます。ただ、慣れないうちは強引に剥がしてしまい痛みが出てしまいますので、最初は肌が強い部分などから練習していくようにしましょう。

 

市販のワックスはデリケートゾーンにも使えるものが出ているようですね。

今人気のAngelicaWax

しかし、きちんと脱毛したいなら医療レーザー脱毛がおすすめです。

関連記事

ページ上部へ戻る