記事の詳細

脱毛サロンで契約したのはいいが、後になって考えてみたら少し高額な契約をし過ぎたという経験をする女性は多くいるようです。そうなった場合にはできるだけ早く解約を申し出ましょう。脱毛サロンにもクーリングオフの制度が適用されます。しかし解約の注意点もあるので、それらを把握した上で手続きをとるようにしてください。

まず脱毛サロンにおいてクーリングオフが適用される条件を整理しておきましょう。脱毛サロンでの契約では契約書を交わすと思いますが、この契約書が交わされてから8日以内であることがひとつの条件となります。さらに契約をした総額が5万円を超えており、また、施術に必要な期間が1ヶ月を超えるという条件も満たしていなければなりません。脱毛サロンの場合であればさほどハードルが高い条件ではないので、恐らく多くの人がこの条件を満たしているのではないでしょうか。

解約の注意点はこの確認だけではありません。もしこのクーリングオフの制度を利用する時には電話などで済ますのではなく、後で証明できるように書面による手続きを行ってください。この解約の注意点を怠り契約を取り消せず時間だけが過ぎてしまい、結局解約料を支払わなければならなくなったというトラブルもあるので疎かにしないようにしましょう。

また、クレジットカードを利用した契約の場合は脱毛サロンだけではなくそのカードの会社にも同様の書類を送らなければならないことも重要な解約の注意点のひとつ。少し手間がかかると感じるかもしれませんが、これらの解約の注意点を守っていればクーリングオフが適用され、全てのお金が返ってきます。手を抜かずにしっかりと行いましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る