記事の詳細

施術を受ける人によって痛みの度合いが違うと言われている医療レーザー脱毛ですが、技術の進歩というのは留まることを知らず、新無痛型と呼ばれる医療レーザー脱毛マシンもどんどん出てきています。

2013年4月現在、ライトシェア・デュエットなんかはその代表選手です。ライトシェア・デュエットが採用している吸引システムは、集中的にレーザー照射を行い、毛幹部のみに効果的にダメージを与えることが可能なため、従来の機種より皮膚へのダメージも少なくなり痛みを抑えることができる仕組みなんですね。

吸引システムと言うのはレーザーを照射する部位を引っ張り上げることでレーザー照射が行われる部分と皮膚を近づけることができ、出力を控えることが可能だし、皮膚を引き延ばすことによって痛みを感じる神経そのものを麻痺させることも無痛に繋がっているんだとか・・・

難しいことはよくわかりませんが、脱毛できる範囲も広範囲だし、ジェルや冷却装置を使う必要もないのでスピードもアップしているんだから言うことありません。

痛みに弱い人、ハイジニーナ脱毛(デリケートゾーンの脱毛)を考えている人は、こういった無痛型のレーザー脱毛機を導入しているクリニックに行くか、麻酔を扱っているクリニックに行くといいでしょう。

ライトシェア・デュエットを扱ってるクリニックはこちらで紹介しています。

関連記事

ページ上部へ戻る