記事の詳細

埋没毛とは、毛が皮膚の中で発毛して成長してしまうことをいいます。

埋もれ毛という表現で知られているかもしれませんが、なぜ埋没毛が起きるのか、その原因の大半がカミソリを使った自己処理、毛抜きを使った自己処理が原因です。

毛を抜いたときに毛根からきちんと抜けないで途中で切れて抜けてしまった場合、毛根から抜き取られて毛根がふさがってから毛が再生してしまって皮膚の中で成長してしまったケース、カミソリで剃った毛の先端が尖るので、皮膚の中で毛穴とは違う場所から出て貫通して起きます。

剃ったところや抜いたところの毛穴周辺の皮膚が炎症を起こして傷ついたために硬くなったかさぶたで毛穴がふさがって毛が表面に出れないまま成長した可能性もあります。

自己処理をするとどうしても埋没毛になりやすいですから、出来るだけ自己処理による無駄毛処理をせずにレーザー脱毛などで処理をすることをお勧めします。レーザー脱毛による処理なら、埋没毛になることもありませんし、埋没毛になってしまった部分にレーザーを当てれば、その部分もきれいに脱毛させることが出来るのです。

埋没毛は大半がそのまま放置していて毛の成長が止まれば自然に抜けるのですが、肌が鳥肌状になって荒れたり、場合によっては色素沈着を起こしたり、炎症を起こし毛嚢炎になることもあるので、注意が必要です。

関連記事

ページ上部へ戻る