記事の詳細

レーザーを身体に直接当てるわけですから、レーザー脱毛はなんだか身体に悪い影響を与えそうなイメージが拭えませんよね。実際に身体への影響が気になるところです。

レーザー脱毛を行うことで起こりうる身体への影響にはまず熱傷が挙げられます。熱の力によって脱毛していくわけですから、この可能性はゼロではないことは誰でもわかることだと思います。しかしレーザー脱毛を受けた人がみんな熱傷になるかと言えばそんなわけもありません。肌に火傷を負ってしまうのはむしろ珍しいことであり、ほとんど現れないトラブルと考えておいてもいいでしょう。

もっと怖い身体への影響が囁かれることがあります。それはガンなどの病気です。ガンの原因となる光は紫外線と言われています。太陽などがこの紫外線にあたりますね。太陽を浴びすぎると皮膚ガンになる可能性があると言われているのはこの為なのですが、レーザー脱毛に使われる光は赤外線の波長です。つまり波長自体が異なるので、レーザー脱毛を続けることで皮膚ガンになることは考えられないのです。この事実には安心する人も多いのではないでしょうか。

また、レーザー脱毛を受けても皮膚の奥までその影響が及ぶことはないので、つまり内臓などにもなんら影響がありませんから、深刻な身体への影響はない安心な施術だと言えそうです(^^)

関連記事

ページ上部へ戻る