記事の詳細

レーザー脱毛が妊娠に影響を及ぼすのか気になるところですよね。

腹部などを脱毛する場合は特に思うかもしれませんが、今後妊娠を考えている女性などは、妊娠の妨げにいずれなるのではないか?と思ったりするかもしれません。

しかし、医療レーザー脱毛自体は妊娠に対しては影響をもたらすことはありません。というのも、毛根がある位置は表皮から比較的近く、5mm程度の位置にあります。そのため、そこまで届けば良いという機械になっていますし、そこまでも照射したレーザーが100%のパワーで届くわけではありませんし、内臓に対して影響をもたらすということはまず無いです。

ただ、実際に妊娠をしている状態では医療レーザー脱毛は避けたほうが良いですし、妊娠中のレーザー脱毛を断るクリニックがほとんどです。具体的に影響があるわけではありませんが、妊娠をしている状態というのは非常にデリケートな状態です。お肌の調子も変わったり、敏感になったりしていますので、今まで耐えられた痛みに耐えられなかったりするかもしれません。また、痛みがストレスになる可能性も高いのです。万が一流産することになったら大変ですしね。

ですのでレーザー脱毛を受けている途中で妊娠がわかった時はクリニックに相談しましょう。またもともと妊娠の予定があってレーザー脱毛を受けようと考えている人はカウンセリング時に、出産後に脱毛が再開できるかなどきちんと相談しておきましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る