記事の詳細

レーザー脱毛を受けるには色々と気を付けておきたいことがあります。妊娠であったり、また前日に深酒をしない、さらに予防接種を受けている時などは避けるなど、細かいことに気を配らなければいけないのと、日焼けにも注意が必要です。

レーザー脱毛を受ける際になぜ日焼けに気を付けなければいけないのかというと、レーザー脱毛の仕組みに理由があります。レーザー脱毛のレーザーはメラニンに反応をするため、日焼けをした部分にも反応をしてしまうことになるのです。

ではなぜ日焼けをした部分に反応をするのが良くないのでしょう。

hiyake2 それにはいくつかの理由があります。肌が黒くなっていると、その部分に反応をしますが、その分施術をしてもらう際に痛みを感じてしまう可能性が出てきます。また、同様に毛根だけに本来は反応をするべきレーザーがお肌に反応をしてしまうことで、脱毛の効果が落ちてしまう可能性もあります。さらに、日焼けをしたあとの肌は乾燥をして、敏感にもなっているため、痛みに反応しやすくなります。そのため、本来であれば殆ど痛みを感じない施術にも苦痛を伴いやすい可能性があるのです。

また、レーザー脱毛後も同じように注意が必要です。脱毛後一週間程度は紫外線による影響を受けやすい状態になっており、シミにもなりやすいと言われています。

レーザー脱毛の機械によってはYAGレーザーといった日焼け肌でも大丈夫なレーザー脱毛機もありますが、どこのクリニックでもおいているわけではないので日焼けはしない方が無難です。

YAGレーザーのある脱毛クリニック

関連記事

ページ上部へ戻る