記事の詳細

レーザー脱毛を受ける際にレーザー照射後に赤みが出ることがあります。これは軽いやけどを起こしている状態で照射直後は一番赤みを帯びていると思いますが、だんだん時間が経つにつれて薄くなっていくのが特徴です。

照射部位の皮膚全体にうっすらと赤みが出る人もいます。

ピンポイントで赤くなる人もいれば全体的に赤くなる人もいるので、人によっても違いがありますし、同じ人でもその日の体調や肌の質によって出方は違っています。

太い毛が生えていた部分をレーザー脱毛すると焼けた毛が毛穴に残るので赤くなったり、黒い点として見えます。そしてその周りはちょっと隆起しているように見えます。細い毛の部分では生えている毛に変化というのはありませんし、毛穴の赤みが現れることもほとんどありません。

akami2レーザー脱毛をして照射後の赤みは日を増すごとに薄くなりますが、万が一日を増すごとに悪化したり赤みが消えないようであれば早めに医師に見てもらったほうがいいでしょう。

入浴は照射した日はシャワーのみとして、赤みを帯びている部分があるのなら、数日はあまりごしごしスポンジなどでこすらずに、水だけで洗う、もしくは石鹸でなでるくらいしておいたほうがいいでしょう。

皮膚を刺激したり皮膚に負担をかけたりすると毛穴に炎症を起こして赤みが悪化することもあるのです。

ナイロンタオル、スポンジで赤くなった部分を強くこすりすぎないように注意しましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る