記事の詳細

レーザー脱毛は美肌効果がある脱毛方法として知られています。脱毛後にお手入れの負担がないこと、お肌の細胞が刺激されて活性化することなどが理由です。しかし逆に稀に色素沈着の原因になるとも言われています。

レーザー脱毛は、レーザーの力によって熱を与え、毛根にダメージを加えて、脱毛、そして生えてこないような処理を行います。その結果、一時的に肌はやけどに近い状態になってしまいます。そのやけどが原因で、色素沈着になってしまうのです。

このような点から、レーザー脱毛を行った後はしっかりと冷やすことが全てのトラブルを予防するためには重要になります。冷やしすぎるという事はありませんので、自分でもう熱を持っていないと感じる程度までは、しっかりと冷やすようにしましょう。

クリニックでレーザー脱毛を受け、自宅に帰ってから違和感を感じた場合は直ぐにクリニックに電話をして相談するようにしましょう。自分で判断をして悪化をしてしまうというのは一番避けたい事態です。大体の場合は半年程度を目安に、色素沈着なども落ち着くと考えられていますが、早めに対処しておきましょう

(ただし、殆どの方は、色素沈着は起きない場合が多いので万が一色素沈着がみられたらというお話です。)

関連記事

ページ上部へ戻る