記事の詳細

フォトRFは、従来の医療レーザー脱毛や光脱毛とは異なり、産毛にも効果のある脱毛技術です。特徴としてはIPL=パルスライト(光エネルギー)とRF(高周波エネルギー)を組合わせた脱毛であるため、安全に肌の奥までエネルギーを行き渡らせながら、効率よく脱毛を行えるというものがあります。

フォトRF脱毛と従来のレーザー脱毛の違いとは?

レーザー脱毛は、ムダ毛の中にあるメラニン色素にだけ反応する特殊な波長をもつレーザーを照射し、体毛に熱を発生させて毛母細胞を破壊するという仕組みとなっています。そのため、ムダ毛自体に熱を発生させるので、メラニン含有量が少ないうぶ毛などでは脱毛効果が見られにくい、深い位置にある毛母細胞には熱が届きづらいという課題をもつ脱毛方法だと言えるでしょう。

それに対して、フォトRF脱毛は、光脱毛で活用されているIPL=パルスライトでムダ毛に熱を発生させると同時に、RF高周波電流でムダ毛の周囲をくまなくカバーするという仕組みになっています。そのため、レーザー脱毛に比べると広範囲をスムーズに脱毛できる、光と高周波の相乗効果で脱毛の効果が高まるというメリットをもち、やけどや痛みの度合いが低いという特徴を持っています。

また、フォトRFはエイジングケアにも使われているので美肌効果も高いと言う嬉しい効果があります。軟毛やうぶ毛にむいてるとされていますので、顔脱毛をして顔の色をワントーンあげたい方にもおすすめです。

(脱毛クリニックでもエステサロンでも受けられますが、受けられるところは限られています。)

関連記事

ページ上部へ戻る