記事の詳細

お手軽で痛みも少ないためムダ毛の処理方法として使用する女性が多い脱毛クリーム。そして近年多くの女性がムダ毛の処理を行い始めているデリケートゾーン。この2つの相性はどうなのでしょうか。多くの脱毛クリーム製品の注意書きに、「デリケートゾーンには使用しないでください」と、これほど直接的ではないにしてもこのような言い回しで書かれていることが多いですよね。つまり、あまり相性はよくないと言えるかもしれません。

デリケートゾーンはV、I、Oの3箇所で、Vラインは女性の陰部の前の方のことを指し、ビキニラインと呼ばれることもある部分です。Iラインはまさに陰部の周囲で、Oラインはお尻の穴の周辺のことを指します。つまり、脱毛クリームはこれら3つの箇所には使用しない方が良いと言われているのです。

その理由は単純で、脱毛クリームは毛を溶かす作用がありますからお肌に全く負担をかけないわけではありません。痛みがないので勘違いする人が多いですが、肌が弱い人や弱い部分に使用するとかぶれたり赤くなったりしてしまいます。女性のデリケートゾーンはお肌の中でも弱い部分なので万が一のことを考えて使用しないように脱毛クリームの各メーカーが呼びかけているのです。

しかし脱毛クリームの中にはデリケートゾーンのVラインになら使用してもOKとしている商品もあります。お肌への優しさに自信があるのでしょう。それでもIラインやOラインには使用することを勧めていませんから、もしこれらのデリケートゾーンに使う時は自己責任において脱毛するようにしてください。

関連記事

ページ上部へ戻る