記事の詳細

レーザー脱毛はムダ毛に含まれるメラニン色素に反応して脱毛を行っていきます。ですから、ムダ毛同様にメラニン色素が多く含まれるほくろやしみが沢山ある人は、場合によってはレーザー脱毛ができないこともあります。

とはいってもほくろがあれば絶対にレーザー脱毛ができないかというとそうではありません。実際にほくろがあってもレーザー脱毛を行ったという人もいます。クリニックによって対応は異なりますが、多くの場合、レーザー脱毛器の出力を下げたり、ほくろのある箇所を避けて脱毛を行っていきます。ほくろがない部位に比べると少し時間がかかってしまう事もありますが、ほくろがあったとしてもレーザー脱毛を受けることは可能なケースが多いようですね。

では、ほくろのある部位にレーザー脱毛を行ったら実際はどうなるのか?レーザー脱毛と同じレーザーがほくろの治療にも使われることがあります。出力は多少異なりますが、ほくろの治療の際にはレーザーをその部位に当てていきます。しばらくするとほくろの部分がかさぶたになり自然とはがれてほくろがなくなったり、薄くなったりします。

ただし、脱毛したい部位にほくろの数があまりに多い場合やほくろが濃い場合はカウンセリングの際にきちんと相談しましょう。あまりにもほくろが多い、濃い場合はレーザー脱毛を断られる事があるので、事前のカウンセリングはしっかり受けておくといいでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る