記事の詳細

レーザー脱毛というのは全身どこでも可能と言われていますが、どうしても施術が難しい部位もあります。おでこやまゆ毛などは代表的ですね。

おでこの産毛などがキレイに無くなると、女性の場合はメイクののり、そして顔色などが良くなりますので、しっかりと脱毛をしてしまいたいと思う方も多いのではないでしょうか。しかしレーザー脱毛をし過ぎてしまうのも問題なのです。

odeko2というのも、髪の毛の生え際には多少は産毛が生えているのがナチュラルに見えるものです。レーザー脱毛であまりにキレイにしてしまうと、ツルツルのおでこからいきなりびっしりと髪の毛が生えているという状態になってしまいます。しかも、髪の毛の際に行き過ぎてしまい、髪の毛の部分にまで照射をしてしまうと額が広くなるということにもなりかねません。

顔が大きく見える原因にもなりますので、おでこの脱毛する場合はそのラインに気をつけましょう。少し物足りないかな、という程度にラインを設定しておいて、微調整をしてしまうくらいが良いでしょう。

また、まゆ毛などは目に近いため、断られることもあるのではないでしょうか。

まゆ毛はレーザー脱毛できても、おでこと同様、まゆ毛の形がナチュラルに見えるようにしてもらうのは施術を行う人の腕によるところも多いので、針脱毛の方が確実かもしれません。

そういった意味でも、いろいろな部位を脱毛できるクリニックを選ぶようにしましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る